体重をコントロールする

重度肥満の人たちの体重コントロールをするために投与される減量薬として「ゼニカル」が有名だ。

ゼニカルは体内の脂肪吸収を制御するのですが、決して食欲の抑制を目的にはしていない。

食物に含まれる脂肪が体内に吸収されるには「リパーゼ」(酵素)で小さく分解されなければならない。

この分解酵素の機能を制御するために食事と一緒にゼニカルを服用することにより、摂取した食物に含まれる脂肪分の30%は消化されずに体外に便に混ざり排出される。

人間にとって過剰になるカロリーが脂肪組織に変換されてしまうことはないしエネルギー源にもならないからダイエット効果が期待できるわけだ。

「減量」「リバウンド予防」「理想体重の維持」にゼニカルは効果を発揮している。

ゼニカルは重度肥満に悩む人たちの長期的な治療に最適な処方薬と言えるだろう。

「高血糖値」「高コレステロール血症」「高血圧」を放置していると「糖尿病」「高血圧症」の危険因子(リスクファクター)になるので症状改善にも役立っている。

朝食・昼食・夕食の食事ごとに1錠のゼニカルを服用するのだが、タイミングは食事中か食後1時間以内とされている。

「野菜」や「果物」を多めに摂取してバランスの良い食生活を心がけるとより一層効果が期待できる。

1日に必要な「たんぱく質」「炭水化物」「脂肪」の摂取量は3回の食事でバランス良く摂取しよう。

ゼニカルの効果を最大限に引きだすためには「脂質」を豊富に含む食品をおやつに食べることは控えよう。

とりわけ「チョコレート」「ビスケット」「スナック類」は極力さけてほしい。

ゼニカルは医薬品専門のインターネット通販でも人気商品になっている。